UiPathとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ロボット、自動化、というと何をイメージするでしょうか。
ドラえもん?自動車の自動運転?Pepper君?

さすがにドラえもんはまだまだ先の未来のお話ですが、自動運転やPepper君などは既に現在の日本の生活の一部となっています。
ですが、私たちは自動化されたものを利用するのみであって、自動運転のプログラムやPepper君を作ることはできません。

UiPath、windows上で開発者が指示した通りに動作するロボットを作成することが可能な統合開発環境です。

私たちの仕事や生活において、驚くほど多くの定型化した作業が存在します。

・Web上からデータを収集してエクセルファイルに落とし込む
・受領したメールから必要な情報だけを取得してデータ化する

UiPathを含めたRPA開発ツールでは、自動化技術を私たち庶民のレベルにまで落とし込んでくれます。
自動化することにより、コストも掛からず、有効活用できる時間が増え、より生活を豊かにして行くことができます。

下記は、UiPath株式会社が掲げるミッションです。

Our mission
We believe human work should be creative and inspiring
Our mission is to eradicate repetitive tasks through intelligent use of software automation.
We help businesses automate more efficiently and develop an agile robotic workforce by providing state-of-the-art technology.

私たちのミッション
人の仕事は創造的で、刺激的であるべきだ
私たちの使命は、ソフトウェア自動化のインテリジェントな使用を通して、反復作業を完全になくすことです。
ビジネスがさらに効率的に自動化できるよう、また俊敏なロボット労働力を開発できるよう、最先端の技術をお届けしています。

UiPathとは

uipathとは

UiPathとは、「業務や作業を自動化するロボット」を作成するツールです。UiPath社が提供しているためUiPathと呼んでいます。実際にロボットを開発する開発環境をUiPath Studio、作成したロボットを実行するUiPath Robot、そのロボットをまとめるOrchestratorがあります。

UiPathではActibity(アクティビティ)と呼ばれるロボットの動作を、ドラッグ&ドロップで指定していき、それらをフロー化することでロボットを作成していきます。ロボット開発にあたり、実際にプログラミングをする必要ありませんが、ある程度のプログラミング知識はあったほうが良いです。(変数、配列、分岐条件、ループ処理、エラー処理等)

また2018年1月時点では開発ツールは英語のみですが、学習環境であるUiPathアカデミーや各種ドキュメントは日本語が用意されています。UiPathの開発環境であるUiPath Studioは、中小企業や個人での使用する場合はCommunityエディションという無料版が公開されています。

UiPath株式会社について

Daniel Dines氏

Daniel Dines氏の経歴(創設者&CEO)

1997年までルーマニアの首都にあるブカレスト大学(数学・計算機科学部)卒
2001年までCrinsoft社というWeb系の会社に4年間勤務
2005年までMicrosoft社にSDE(Software Design Engineer)として4年間勤務
2005年10月~UiPath社設立

UiPathの沿革

2005年ルーマニアにて誕生。
コンピュータグラフィックスの開始を手始めに、最初の自動化ライブラリの構築に着手
2013年UiPath Desktop自動化の提供を開始。現在のUiPath Studioに至る。
2015年UiPath Orchestratorの完成
2016年UiPath Studio コミュニティエディションのユーザ数が提供から6か月で1万人に達する。
2017年RPAソフトウェアを提供するベンダーとして、EverestやForresterに高く評価される。
2月には日本法人を設立しサービスの提供を開始。

Forrester2017 でRPA業界のリーダと認められる。(英語)

UiPathのビジネス拠点

  • (本社)ニューヨーク
  • ルーマニア
  • 英国
  • インド
  • 日本
  • シンガポール
  • フランス
  • 香港
  • オーストラリア

日本UiPath社

・日本人社員43名(2017年12月1日現在)内 技術者17名(日本社員14名、本社派遣3名)
・2018年内に体制を100名に拡充予定。

UiPath社の導入実績

三井住友銀行をはじめとする金融機関やhp、電通など名だたる大企業にも導入実績があります。

UiPath Studio開発環境

業務自動化ロボットを開発するための開発環境です。

今までアプリケーション上で操作を自動化するマクロなどのツールは存在したものの、自分がやりたいことをその通りに自動化するにはプログラミングしていく必要がありました。またプログラミングした場合でも、そのアプリケーション単体で自動化できるのみで、Windows上で動作するアプリケーションを横断的に自動化するには、膨大な量のプログラミングが必要でした。

UiPathでは自動化ロボットを作成する上でプログラミングする必要はなく、アクティビティと呼ばれるロボットの動作(クリックやファイルの読み込み、アプリケーションの起動など)をドラッグアンドドロップで指定していき、それらをつなぎ合わせることで様々なアプリケーションを自動化することが可能です。

またレコーダー機能と呼ばれるユーザ操作を記録する機能を用いて、コンピューター上でユーザが実際にした操作をフローとして一覧化し、その動きをロボットが同じように操作することも可能です。

こうしたロボットを開発するための開発環境がUiPath Studioであり、2016年の公開以降、年に数回程度の頻度でアップデートを繰り返しています。

有料版と無料版の違い

(有料版)UiPath RPA プラットフォーム

大企業向けの開発環境であり、ロボットのリモートからの設置と操作が可能なUiPath Orchestratorとの統合が可能です。またオンサイトおよびリモートでの講師によるトレーニングも可能になっています。無料体験期間は60日間となっています。

(無料版)UiPath Community エディション

個人や中小企業向けの開発環境です。UiPath Orchestratorとの統合はできませんが、利用条件を満たせば無料で使用することが可能です。

また無償であるため、電話やEメール、チャットでのサポートも使用できません。そのため自身での学習が必要ですが、UiPath社は様々な学習環境を用意しており、開発環境のドキュメントはもちろん、フォーラムやUiPathアカデミー(動画学習環境)なども日本語で利用することが可能です。

UiPath Community エディションの利用条件は下記のとおりです。(2018年1月時点)
詳細はUiPath社の公式サイトをご確認ください。

利用規約(英語)

年商100万ドル以下もしくはワークステーション数250台以下の小規模事業者、学術機関、非営利団体なら無償利用可能

学習環境

UiPath社ではUiPathを利用するための学習環境として以下のようなサイトを準備しています。
どれも公式サイトですので必要に応じて利用していきましょう。

UiPath Studioガイド

UiPath Studioガイド

UiPathの開発環境であるUiPath Studioのドキュメントです。元は英語のドキュメントであるため一部英語のままのところもありますが、プログラミングの初歩的な話からUiPath Studioを利用するための基礎知識を学ぶことができます。

追って紹介するUiPathアカデミーと併せて開発中に不明な点があった場合はここを確認するのが良いでしょう。

UiPath Studioガイド

UiPath Activitiesガイド

UiPath Activitiesガイド

UiPath Studioガイドは開発環境のドキュメントですが、UiPath Studioで開発する際に必ず必要となるアクティビティに関するドキュメントが「UiPath Activities」ガイドです。

開発環境上ではすべて英語であるため、英語が苦手な方は膨大にあるアクティビティの理解だけでかなりの時間を要すると思います。アクティビティに関してプロパティの設定方法など不明な点が発生した場合にはこちらから確認してみましょう。

UiPath Activitiesガイド

UiPathアカデミー

UiPath Academyのようこそ画面

上の二つはどちらもテキスト形式の学習環境でしたが、UiPathアカデミーでは動画でUiPathについて学ぶことができます。

かなりの量の動画が用意されており、どれも日本語字幕で閲覧することが可能です。また時間にして数十時間分の動画があるため、ペーパ上では勉強できないUiPathのコツのようなものを学習することもできます。

なお、各レッスンごとに確認テストが用意されており、テストで70点以上取得できないと次のレッスンに進めないようになっています。難点を言えば日本語字幕の表示が画面とずれることがあるため、そのあたり修正していただけると助かります。。。

UiPathアカデミー

UiPath日本語フォーラム

UiPath日本語フォーラム

UiPathコミュニティエディションの利用者向けにフォーラムも準備されています。

通常海外企業のフォーラムというと英語だけと思われがちですが、UiPath社では日本語フォーラムも準備されており、UiPath利用時に困った点やバグ報告などが頻繁に行われています。ネット上でも見つけられない情報などはここで質問してみるのも一つの手だと思います。

日本語フォーラム

まとめ

個人の環境であれば無料で最新のRPA開発環境を手に入れられるため、ぜひとも一度UiPathを使って自動化に挑戦してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*