RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今回は最近巷でよく聞くようになったRPAについて記事にします。

RPAとは、RPA(Robotic Process Automation)の略で、PC上で動くロボットを使って業務や作業を自動化することを言います。

ここでいうロボットとは、ドラえもんや鉄腕アトムとは異なり、WindowsPCやWindowsサーバ上で動作するソフトウェアと考えてください。開発者が指示した通りに、メールの送受信やエクセルへの転記などの定型化した作業を自動化することを「RPA」と言います。

これまで製造業などでは、産業ロボットとして数多くの自動化が行われてきましたが、最近ではホワイトカラーの事務作業などを自動化しようという動きが注目されています。

今後、人手不足が懸念される日本において、24時間365日働き続けるロボットはこれからの日本に欠かせないものになることが予想されています。

RPAの強み

これまでは業務を簡略化するにあたり、外部へアウトソーシングし自社では管理のみ行ってきました。

ただしアウトソーシングの場合は、自社での業務は簡素化されるものの、提携先の職員が辞める、異動するなどの理由により品質の低下などの問題もあります。
また言葉の問題や業務仕様の問題などで、導入まで時間がかかるケースも多くあります。

RPAロボットは24時間休憩なしで働き続けることができます。またUiPathなどのRPA開発環境は、プログラミング知識がなくても構築できるということを前提に考えており、業務知識に詳しい現場職員がロボットを構築することもできます。

これまでもホワイトカラー業務において自動化というのは様々な場面において検討されてきました。特にエクセルを使用する業務においてVBAで処理を短縮することなど現時点でも多く用いられています。

RPAにおいては、現状ほとんどがWindows環境のみですが、複数のアプリケーション間で処理を自動化することができます。

例えばWebからデータを取得してくる処理や、取得したデータをエクセルに転記し更にそのデータを加工することも自動化できるように設計されています。
また既に作成したVBAプログラムやexeファイルも実行することができます。

このようにRPAロボットは休みなく働き続け、現場職員自らが横断的にアプリケーションを自動化できる仕組みを構築できることが、RPAの強みなのです。

なぜ今RPAが注目されているか

現在の日本では、高齢化社会による人手不足が懸念されています。またワークライフバランスの見直しによる業務時間の低減などもあり、必要な「人の手」が足りなくなってきていることが現実です。

我が国の労働力人口における課題(総務省)

政府もこれまで、外国人の受け入れやBPO(ビジネス・プロセス・オペレーション)の推進や、女性の社会進出を進めてきましたがそれでも人手が足りない恐れがあります。そこで注目されているのがRPAによる業務の自動化です。2018年現在、多数の企業で業務の自動化を推進しています。

RPAとAIの違い

ロボットと聞くと「AI」をイメージする方も多いのではないでしょうか。テレビや映画の影響により、RPAよりAIのほうが馴染み深いと思われます。

RPAとAIの大きな違いは、RPAは開発者が指示した通りに動作し自動化することが目的ですが、AIはロボット自身が考え行動し、問題があれば自身で修正していく事がRPAとは異なります。

現在でもGoogleなどの大企業においてはAIは盛んに研究開発されておりAPIなどの提供も始まってきています。

RPAの発展型がAIと考えて問題ありませんが、今後RPAロボットも業務を自身で考え、行動するようになっていき、よりAIに近づいていくものと思われます。

RPA導入にあたって検討すべき事項

業務の自動化を行うに当たって懸念すべき事項も当然あります。

RPA化する必要があるの?

その作業はそもそも必要ないのでは?現状の使用ツールを見直せば効率化を実現できるのでは?現場は本当に自動化を望んでいるか?
業務の自動化を導入する前に、本当に自動化する必要があるかまずは検討しましょう。

自動化する方法を検討する。

エクセル単体で完結する業務は作業のスピードや情報量などの観点からVBAで行った方が断然効果的です。RPAロボットは人間と同様の操作を行います。セルをクリックしたり、範囲を選択したり、値をコピーしたり、張り付けたり・・・。

当然RPAロボットの方が人間より正確で早いですが、スピードにおいてはVBAやその他プログラミング言語にはかないません。

単体のアプリケーションで完結する場合には、まずはプログラミング言語で対応できないか検討すべきです。検討したうえで、業務量が多い、コストが掛かるなど更に問題がある場合はRPA導入するとよいと思います。

業務内容を熟知していること

業務で使用するツールや業務内容を熟知していることもRPAロボット開発において非常に重要なことです。

RPA開発中に「自動化できないのでは?」となった場合も、ツールのショートカットを使うことで実現できたり、メールではなく別の連絡方法を使うなど、異なる手段で実現出来たりすることが多くあります。

現場レベルの担当者がRPAロボットを開発できることは自動化において大変有利な点です。

RPA開発環境

「UiPath」や「BluePrism」、「WinActor」など多くのRPA開発ツールが出てきています。UiPathは仮想環境に強い、WinActorはNTTデータグループが提供している、などそれぞれで強みや価格帯などが異なります。

個人の導入においては価格が高いものはなかなか手が出ませんが、試用期間等あるものも多いので色々試してみるのが良いと思います。
なおこのサイトでは、UiPathについて解説をしていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. しん より:

    はじめまして。
    仕事の都合上、UiPathを独力で学ぶ必要があり、UiPathのアカデミーで勉強を始めましたが初めの段階で躓きました( TДT) 非常に参考になるサイトだと思い、こちらで勉強させて頂ければと思います。
    よろしくお願いします!

    1. uipath-admin より:

      コメントありがとうございます。
      アカデミーもう少し分かりやすくしてもらえると嬉しいですよね。
      サイト内まだまだ見づらい部分多いですが、よろしければこれからも閲覧ください。

コメントを残す

*