【全部知ってる?】UiPathのお役立ち機能をまとめてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
UiPathの役立ち情報

必ず覚えておきたいものから、そんなのあったの!?という機能まで知っている限り集めてみました。このほかにも、こんなのあるよ!というのがあればぜひ教えてください。

UiPath Studio全般

「Collapse All」で概要表示

シーケンスを使用している場合でも「Collapse All」で概要表示に変更できます。画面内のアクティビティが少し小さくなるので見やすいですね。

Collapse Allでアクティビティの概略表示に切り替える

ユニバーサルサーチ

ユニバーサルサーチ「Ctrl + F」でアクティビティ検索もプロジェクト内も検索できます。プロジェクトが大きくてアクティビティだけ検索したい!というなら「Ctrl + Alt + F」でできます。

ユニバーサル検索でアクティビティとプロジェクト内を検索する

スクリーンショット

「Click」や「Type Into」などで作成されるスクリーンショットは見やすくするためのものなので削除しても動きます。またプロジェクトパネルから使っていないスクリーンショットを削除できます。

スクリーンショットは削除しても動作に影響はない

レコーディング

F2を押すことでレコーディングを遅れて開始できます。またF4でレコーディングに使用する技術を変更できます。デフォルトで記録できない昔のアプリケーションとか用に用意されています。

レコーディング機能の使用技術は変更可能

サンプルプロジェクト

「Library」パネルの「samples」や「snippets」フォルダには参考になるプロジェクトがあります。フォルダ内のファイル名称取得とかループとかデータテーブルとか。

サンプルプロジェクトは使いまわそう

プロジェクトの共有

プロジェクトフォルダに作成される「○○.xaml」ファイルを渡せば別PCでも同じプロジェクトを開けます。フォーラムなんかではよく回答で共有されていますね。

.xamlファイルは共有できる

出力ログレベルの変更

UiPath Robotの設定画面からログの出力レベルを変更できます。開発者じゃなくても変更できそうなのでちょっと怖いけど。

ログの出力レベルを変更できる

旧バージョンのStudio起動

以下のフォルダに旧バージョンフォルダが残っていればUiPath StudioおよびUiPath Robotの起動が可能です。古いバージョンは順に消される?

<C:\Users\ユーザ名\AppData\Local\UiPath\app-バージョン名>

旧バージョンのUiPath Studioも起動可能

Publishしたファイル

Publishしたファイルは拡張子を「.zip」に変更することで解凍できます。だから何?という内容でもあるのですが・・・。

.nupkgファイルはzipに変更できる

デフォルトのテンプレートの変更

デフォルトで用意されているBlankなどのプロジェクトテンプレートは「.xaml」ファイルを入れ替えることによって変更できます。私の環境だと次回起動時にアクティベートエラーが発生したため、一応自己責任でお願いします。

<C:\Users\ユーザ名\AppData\Local\UiPath\app-バージョン名\ProjectTemplates>

デフォルトテンプレートの格納フォルダ

変更後アクティベートエラーが発生した場合は以下を参照ください。

ショートカット編

公式ドキュメントへジャンプ

アクティビティ上でF1を押せば公式ドキュメントに飛べます。たまに2タブ開かれるのは私だけ?

変数の作成

デザイナーパネルの入力項目でCtrl + Kを押せば簡単に変数を作成できます。プロパティパネルOutputでも可能です。変数の型も設定してくれるので便利ですね。

変数作成のショートカットキー

シーケンスの作成

Ctrl + Nで簡単にシーケンスプロジェクトを作成できます。呼び出し用シーケンスを作るときに便利。

シーケンス作成のショートカットキー

ブレークポイントの追加/削除

アクティビティ上でF9を押せばブレークポイントの追加/削除ができます。デバッグには必須の機能ですね。

コメントアウト

Ctrl + Dでコメントアウト、Ctrl + Eでコメントアウトの解除ができます。右クリックからも可能。これも開発時には必須の機能。

Runとデバッグ

F5でRun、F7でデバッグ実行できます。一番最初に覚えるショートカットかもしれませんね。
その他のショートカットキーを知りたい場合は以下を参照ください。

UiPathStudioのショートカットキー一覧

右クリック編

不要なシーケンスの削除

「Remove Sequence」で不要なシーケンスを取り除くことができます。たまに変数の関係で削除できない場合があります。

不要なシーケンスは削除することができる

注釈の追加

「Annotations」でアクティビティや変数に注釈をつけることができます。コメントだと大きすぎる場合に便利。

Annotationで注釈を追加できる

プロジェクトの画像化

「Save as Image」で作成したプロジェクトを画像として保存できます。「Copy as Image」でエクセルやブログ等への貼り付けも簡単に行えます。報告とか共有に。

プロジェクトは画像化できる

別ファイル化

「Extract as Workflow」で簡単に別ファイルにできます。また呼び出しもやってくれます。

別ファイルとして保存できる。

Startとの接続

「Flowchart」などでアクティビティ上で「Set as Start Node」を選択すればStartに遷移線を引いてくれます。

簡単のスタートノードに接続できる

リボン編

ツールバーへの追加

リボン内のボタンは右クリックからツールバーに追加できます。よく使うボタンは追加しておくと吉。

クイックツールバーへの追加画面

リボンの縮小化

リボンは縮小化できるため、必要なボタンをツールバーに追加しておけば画面を広く使えます。デザイナーパネルは縦長になりがちなので結構うれしい。

リボンの最小化画面

エクセルへの出力

作成したプロジェクトをリボンタブの「Save」からエクセルに出力できます。一連の流れを確認するときに便利かも。

エクセルファイルへの出力画面

まとめ

そんなの当たり前に知ってるよ、というものから初めて知ったものもあるのではないでしょうか。
こんなことできるよ!というのがあって、ぜひみんなに知ってもらいたいという方がいれば教えてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。