GUIからロボットを実行する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
guiで作成したロボットを実行する

 

UiPathで作成したプロジェクトは、UiPathStudioで実行する方法とコマンドプロンプトから実行する方法、GUIから実行する方法があります。ここではGUIから実行する方法を説明します。

GUI以外の実行方法は下記を参照してください。

UiPathStudioからロボットを実行する
コマンドプロンプトから実行

 

実行するプロジェクトを準備する。

まずは何でも良いので実行させたいプロジェクトを作成します。
ここでは「GUIから実行」というメッセージを表示するロボットを準備します。

なおUiPathStudioやコマンドプロンプトから実行する場合は実行ファイルを選択できましたが、GUIから実行する場合はファイルの選択はできず、必ず「main.xaml」が実行されます。
そのためmain.xaml上にアクティビティを配置しておくか、main.xamlから実行したい処理を呼び出すようにしておきましょう。

GUIから実行するサンプル

UiPathRobot用にファイルを生成する。

作成したプロジェクトを保存後、SETUPタブ内にある「Publish」ボタンを押します。
PublishとはUiPathRobotが認識できるようにプロジェクトを圧縮し、特定のフォルダに出力することです。

Publishボタンの場所

ボタン押下後はメッセージが表示されるだけですが、「Project published successfully」と表示されることを確認しておきましょう。
この画面ではプロジェクト名称やバージョン情報を確認できます。またあまり使用しませんが、「Ctrl+C」で表示された情報をコピーすることもできます。

Publishボタンの実行結果

ファイルの生成場所

「C:\ProgramData\UiPath\Packages」内に「プロジェクト名.バージョン名.nupkg」という形で出力されます。
publishするたびに新しいバージョン名で「.nupkg」フォルダが作成されます。

Publishボタン実行後に出力されるフォルダとファイル名称

なお、「.nupkg」という拡張子はただの圧縮ファイルですので、「.nupkg」から「.zip」に変更することでフォルダの中身を確認することができます。
旧バージョンの中身を確認したい、という場合にはzipに変更後、解凍して確認してみましょう。

UiPathRobotを起動する。

タスクトレイにUiPathRobotが起動していないようであれば起動します。
UiPathRobotは「UiRobot.exe」という名前で下記のフォルダに格納されています。このファイルをダブルクリックすることでUiPathRobotが起動しタスクトレイに常駐するようになります。

C:\Users\ユーザ名\AppData\Local\UiPath\app-バージョン\UiRobot.exe

UiPathRobotのインストール場所

UiPathRobotはバージョンが異なる場合など複数起動することができてしまいます。特に新しいバージョンがリリースされた時など、UiPathは自動で最新版をインストールするため、重複してUiPathRobotが起動している場合があります。

この時実行エラーが発生する事があるので、その際は歯車マークからUiPathRobotを一度止めて再度起動して実行してみましょう。

最新のプロジェクトを読み込む

タスクトレイのUIをクリックすると、UiPathRobotの画面が表示されプロジェクトの一覧を確認できます。
プロジェクト名の右にあるダウンロードボタンを押すことにより、最新バージョンのプロジェクトが読み込まれます。この操作はPublishするたびに必要となります。

UiPathRobotのプロジェクト参照画面

プロジェクトを実行する。

ダウンロードが完了すると自動的に矢印ボタンに変わります。このボタンを押すことにより読み込んだプロジェクトが実行されます。

最新のプロジェクトを取り込んだ結果

UiPathRobot画面の説明

Communityエディションの場合はプロジェクト一覧以外ほとんど使用しないかもしれませんが、UiPathRobotの画面の説明を記載します。

メイン画面

UiPathRobotの画面説明用

①利用可能なプロジェクトの一覧が表示されます。
②最新の情報を読み込みます。
③UiPathRobotの終了やセッティングなどのメニューを開きます。
④現在の接続状況を表示します。(オーケストレーターのみで使用)

メニュー画面

UiPathRobotのメニュー画面一覧

Settings..

主にオーケストレータとの接続を設定します。

Orchestrator Configration

Machine Name:インストールされているPCの名称
Robot Key:オーケストレーターに接続するためのキー設定
Orchestrator URL:オーケストレーターのURL

Robot Logging

Level:UiPathRobotが出力するログの出力レベルを指定します。

Status

オーケストレーターとの接続状況を表示します。

Open Logs

ログフォルダを開きます。

Help

ブラウザでUiPath Robotガイドのページを開きます。

Quite

UiPathRobotを停止します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。