Attach Browserアクティビティの使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アクティビティの概要

日本語名Webブラウザに接続する
説明起動済みのWebブラウザに接続し後続処理を指定できる。

パッケージ

パッケージ名UIPATH.CORE.ACTIVITIES
パッケージ種類コア
最新バージョン18.1.6603.13899

Common(共通)プロパティ

プロパティ名説明
ContinueOnErrorエラーが発生した場合でも処理を続ける
-デフォルト値NULL
-値の型Boolean
DelayAfter処理の後に待ち時間を入れる
-デフォルト値300ミリ秒
-値の型Int32
DelayBefore処理の前に待ち時間を入れる
-デフォルト値200ミリ秒
-値の型Int32
DisplayName表示名を設定する。
-デフォルト値Activity名
-値の型String

Input(入力関連)プロパティ

プロパティ名説明
ClickTypeクリックのタイプを指定する。
-デフォルト値Click_Single(シングルクリック)
-値の型NULL
MouseButtonマウスのどのボタンを使用するか指定する。
-デフォルト値BTN_LEFT
-値の型NULL
Target対象を指定する。
-デフォルト値Target
-値の型NULL

Misc(その他)プロパティ

プロパティ名説明
Privateログに出力するかどうかを設定する。
-デフォルト値NULL
-値の型Boolean
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。